自分から探すものではない

HEADHUNTING

スキルのある人が選ばれる

自分の能力をきちんと活かせるような仕事に就きたいという人はたくさん居ることでしょう。しかし、現実はそれほど甘くありません。多くの人が自分の能力を活かせず、ただルーティンワークをこなしているだけということがあります。自分の能力を活かしたいのなら、ヘッドハンティングしてもらえるように工夫をすることが大事です。ヘッドハンティングというと、自分から探すのではなく、企業に自分を見つけてもらうことになります。それだけ目立つような存在にならなくてはなりません。どこの会社からもあの人が欲しいと思われるようになるには、スキルを磨くしかありません。スキルの高い人はどんな職場でも重宝されます。ここで言うスキルというのはこれまでの仕事の実績です。それから、様々な資格を取得している人も対象となります。つまり、ある程度のキャリアがないと、なかなかヘッドハンティングをされることはないのです。新入社員ではスキルもなくキャリアもないので、ヘッドハンティングをされるまでには相当な時間がかかることでしょう。ヘッドハンティングが期待できるのは30代です。ある程度のキャリアがあり、スキルもあるという人が多いからです。特にプロジェクトをいくつも成功させたことがある人は、その業界では有名になることでしょう。そんな人が同業他社からスカウトされることがあるのです。ヘッドハンティングされたい人は、このように、まずはスキルを磨いて実績を作りましょう。