最低限のマナーを学ぶ

履歴書

履歴書は用意しておこう

青森などの地方でも、バイトの応募マナーは東京と同じです。最低限のマナーを守って面接に臨みましょう。ここでいう最低限のマナーというのは適切な敬語を使えるかどうかです。いつも喋っている話し言葉では、態度がでかいと思われてしまうことがあります。きちんと目上を敬えるような話し方を身につけておきましょう。また、青森というと訛りが気になる人も少なくありません。しかし、青森でバイトをするのなら訛りがあるのは普通のことです。観光客にはかえって喜ばれることもあるでしょう。勤務先によっては標準語を話せるようにと注意されることもあります。しかし、何も言われないようなら無理に直すことはありません。青森ならではの地元っ子として、訛りを存分にアピールしてみるのもいいでしょう。もちろん、青森出身の人が東京でバイトをするというのなら、それにはいろいろとルールがあります。東京では標準語を話せた方が無難です。特に、接客業はお客様と話す機会もたくさんあることでしょう。青森の訛りが通じないこともあります。いくらバイトでもお客様と会話が通じないと仕事に支障が出てしまうこともあるはずです。このような場合には研修を受けたり、東京の友達に標準語を教えてもらったりして努力するしかありません。それから、どんな地域でもどんな仕事でも、バイトに応募するのなら事前に履歴書は用意しておきましょう。勤務先によっては、電話をしたらすぐに面接に来るように言われることもあるからです。