HEADHUNTING

自分から探すものではない

ヘッドハンティングされたい人はスキルを磨きましょう。それから、ある程度のキャリアがないとなかなか他社からスカウトされることはありません。プロジェクトを成功させるなど、その業界で地位を築くことが大切です。

詳しく見る

基礎的な知識を得る

物流

準備段階で知識を得る

転職をする時は希望する分野のことを知る必要があり、貿易事務を希望する時は貿易事務に関する知識を事前に得ることが大切です。貿易事務を行っている会社は多くて、メーカーや商社や物流会社などは貿易事務の割合が多いです。実際の貿易事務は会社の規模などによって異なっています。貿易事務は輸出業務と輸入業務に分けることができます。転職する前に輸出業務と輸入業務に関する知識を得ることは大切で、関連する検定などに合格しておくことも重要です。検定に合格することで、転職の際に貿易事務に関する知識や技能があることをアピールすることができて、転職成功の確率を高めることもできます。輸出業務ではインボイスや船積依頼書の作成が主な業務となります。こうした業務を的確に行うには、業務全体の流れを把握して一つ一つのプロセスがどのように関連しているかを上手くイメージすることが大切です。インボイスには輸出する商品の量や価格などを英文で記載するので、インボイス作成には英語力も求められます。船積依頼者には書類作成日や荷受け人や荷送人などを記載します。輸入業務では海外取引先と電話で取引することが多くなるので、特に英会話力が求められます。輸入業務を行うには、英会話力の他に契約書の作成方法や関税や消費税に関する知識も必要です。輸入業務は輸入代金の支払い処理や商品の保管状況管理に関する業務なども行います。輸入業務は商品が無事に届くまでの一連の業務を行いますので総合的な能力が必要です。

履歴書

最低限のマナーを学ぶ

青森でバイトをするのなら、とりあえず最低限のマナーだけは身につけておきましょう。敬語は使えた方が無難です。一方、青森の子が都会でバイトをする場合には訛りに気をつけた方がいいかもしれません。それから、履歴書は事前に用意しておきましょう。

詳しく見る

面接

タイプ別の就職活動

飲食業界や運輸業界をはじめとして、セクター別に採用情報を丁寧に調べると、年齢を問わずに京都の正社員の仕事をスムーズに探せるでしょう。事務職として働きたいときには、派遣会社に登録するのが効率的であり、即戦力として活躍できるスキルを身に着けることも大切です。

詳しく見る

物流

重宝されやすい

貿易事務への転職はとても人気があります。経験者は重宝されやすく、需要もあるからです。海外と仕事をする会社が多く、募集もよく入っています。まず、必要な資格を取得してから応募しましょう。会社によって必要な資格は異なることがあります。

詳しく見る

ヘッドハンティング

自分の能力を活かせる

ヘッドハンティングの良いところは自分の能力を活かせるところです。また、今よりも良い条件の職場に引き抜かれることが多くなっています。しかし、ヘッドハンティングされるまで待ち続けるのは大変です。自己アピールをすることも大切です。

詳しく見る